GIMP紹介(2)     「写真加工と色修正」


 撮影に失敗した写真の加工や修正テクニックを幾つか体験して見ましょう。これらをマスターすると、各種応用が楽に行えるようになります。
 ●傾きの修正 ●部分切り抜き ●明るさ調整
 ●不要部分の消去 ●輪郭フェード ●外枠
 ●画像拡大縮小

◆傾きの修正


@写真をGIMPに読み込みます。
Aツールボクスの「レイヤー選択領域を回転する」を指定
B写真の上にマウスのカーソルを置いて左クリックで引っ張ります。
C傾きが修正出来たら「回転(R)」を押します。
Dウインドウの「画像」→「画像を結合」します。

◆切り抜き
@ツールボックスの「画像をきり抜いたり大きさを変えたりする」を選びます。
A切り取る範囲を指定して「切り抜き」を押します(明るく表示範囲が切り取れる)




 切り取り範囲の指定や変更の方法を体験実習しましょう。

◆切り抜いた画像の明るさとコントラスト調整

1、レイヤーから
2、色
3、明るさ、コントラスト
   明るさ:40
   コントラスト:40
4、画像 → 合成



◆ポスターの消去(Ctrl+Alt の練習)



1、ツールボクスの矩形領域選択
1、白地部分を選択して
2、Ctrl+Alt で 移動
3、細部をスタンプツールで消去
4、画像 → 合成


◆輪郭にフェードを掛ける
 Script_Fu → 選択領域 → フェード枠 → 合成











◆外枠を付ける
 Script_Fu → 装飾 → 枠の追加 → 枠サイズ:12 → 合成










◆画像の拡大・縮小
     画像 → 画像拡大縮小 → 合成











今回は幅400に変更してみました。




GIMP紹介       色修正


 ここでは、色のレベル調整や色相調整などに挑戦します。

この画像を使って色の修正をして見ましょう。


まずは
◆レベル調整から
 レイヤー → 色 → レベル調整


 少し明るく成ったでしょうか?ここでは自動を使いました。レベル調整でいろいろ変化して見て下さい。
完成

◆色相と彩度調整
 レイヤー → 色 → 色相・彩度

 特定の色を選んで、選んだ色だけを変えるのに便利です。

完成


GIMP紹介       背景ぼかし


◆背景をぼかしで被写体の強調
 今度は2枚のレイヤーを使います。1枚は協調する部分、もう1枚は背景部分を作って合成する方法です。





 写真の背景をぼかして、ライラックの花を強調して見ましょう。
@ダイアログ → レイヤー
 背景のレイアーが1個だけある。
 レイアー複製で背景のコピーを作る



背景コピーを選んで、背景の方は非表示にしておく。(目をクリックすると非表示になる)

註:レイヤーは一番上が最前面に表示される。



 花をのこして消しゴムで消します。
 背景を表示して、背景コピーを非表示にします。


 ●背景をぼかす
  フィルター → ぼかす → ガウシアンぼかし
  ぼかし半径を20ぐらいにしてOKする。

  レイヤーを2枚表示に戻す。


  画像 → 画像の統合 → 保存


GIMP紹介

背景画像の作成


◆デスクトップ用 丸角背景画像の作成

この画像で背景画像を作成します。
@ 画像を読み込み 選択 → 全て
A 選択 → 角を丸める  半径:70%を指定してOK
B 選択 → 選択域の縮小  60ピクセルにしてOK
C 選択 → 境界をぼかす 120ピクセルに設定してOK
D 選択 → 反転
E ツールボックスの前景色と背景色を変更する
F 編集 → 描画色で塗りつぶす
G 画像 → 画像拡大縮小  幅を1024に設定して「拡大縮小」をクリック
H 画像 → 画像統合
I ファイル → 別名で保存

@画像を読み込み 選択 → 全て
A選択 → 角を丸める  


半径:70%を指定してOK











B選択 → 選択域の縮小  60ピクセルにしてOK


















C選択 → 境界をぼかす 120ピクセルに設定してOK


D選択 → 反転
Eツールボックスの前景色と背景色を変更する

F編集 → 描画色で塗りつぶす
G画像 → 画像拡大縮小  幅を1024に設定して「拡大縮小」をクリック
H画像 → 画像統合
Iファイル → 別名で保存


                   以上で完成しました.


GIMP紹介

枠の作成



◆写真に枠を入れましょう。

 普通の3段枠 と フェード枠入り枠
         の作り方を体験します。


         
作成例-1 作成例-2(フェード入り)
●1回目
 @Scriputo-FU
 A装飾
 B枠の追加
 C枠X:5 枠Y:5 枠の色を決める
 DOK
 E画像 → 画像の結合
●1回目
 @Scriputo-FU
 A選択領域
 Bフェード枠
 C枠の大きさ 10
 DOK
 E画像 → 画像の結合
●2回目
 @Scriputo-FU
 A装飾
 B枠の追加
 C枠X:40 枠Y:40 枠の色は白
 DOK
 E画像 → 画像の結合
●2回目
 @Scriputo-FU
 A装飾
 B枠の追加
 C枠X:40 枠Y:40 枠の色は黒
 DOK
 E画像 → 画像の結合
●3回目
 @Scriputo-FU
 A装飾
 B枠の追加
 C枠X:20 枠Y:20 枠の色を決める
 DOK
 E画像 → 画像の結合
●3回目
 @Scriputo-FU
 A装飾
 B枠の追加
 C枠X:20 枠Y:20 枠の色を決める
 DOK
 E画像 → 画像の結合